このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

家づくりコラム

Column

2021.12.13

個性あるバルコニーのある暮らし

個性あるバルコニーのある暮らし

注文住宅で家を建てる時、検討ポイントのひとつになるのがバルコニーです。一般的に建物本体から跳ねだした空間を指し、屋根がない場合をバルコニー、屋根がある場合をベランダと呼ぶことが多いです。主な役割は洗濯物を干すことですが、最近ではバルコニースペースを広く設置する方が多く、家庭菜園を楽しんだり、ご友人を呼んでバーベキューを開催したりと、皆さまのライフスタイルに合わせて使い方は千差万別です。

バルコニーは屋根がないことが多いので、室内に自然光を採り入れやすいこともメリットのひとつです。ご家族が集まるリビングにバルコニーをつくることで、日当たりのいい空間を実現できます。プロネットではSE構法での家づくりが行えるので、リビングとバルコニーを繋ぐ開口部を大きくつくることができるので、より明るく開放的なリビングを実現することができます。

洗濯物を干したり、スタットレスタイヤの収納場所としたり日常的な利用にも活躍するバルコニーですが、アウトドアリビングやホームパーティーでの利用も想定したプランにすると、バルコニー用の照明を設置したり、床部分の強度を上げたりと建築費用がかかるわりに利用頻度が少なくなる場合も多いので注意が必要です。

バルコニーのスタイルとして、最近では家の一部分を引っ込ませるような設計でバルコニー化するインナーバルコニーも人気です。インバーバルコニーも基本的には外に開かれた空間ですが、家の天井や上の階の床が屋根代わりになるため、洗濯物や布団を干す際に急な雨でも心配が少ない点がとても助かると思います。ちょっとしたガーデニングも適しています。

バルコニーは建物から跳ねだしていますが、インナーバルコニーの場合は建物の中に引っ込んでいるため、外から見た時にすっきりした印象を与えることもポイントです。

暮らしはじめてからお気付きになる方も多いのですが、バルコニー自体は外と繋がっているため、落ち葉や砂埃などが溜まりやすいスペースでもあります。こまめに掃除をしないとたちまち汚れが目立ってしまうので、少し費用は掛かってしまいますがバルコニー用に水栓を取り付けることをお勧めします。

また、セカンドリビングとしての活用やちょっとしたアウトドアを楽しみたい場合は、間接照明やコンセントを設置すると、夜でもバルコニーで過ごしやすくなり、空間自体をおしゃれに演出することもできます。

皆さまのライフスタイルに合わせて、バルコニーの設置も検討してみてはいかがでしょうか。

建築事例.1 LDKに広がりをもたせるインナーバルコニー

建築事例.1 LDKに広がりをもたせるインナーバルコニー

東京都板橋区の19.5坪の敷地に木造3階建てを実現したインナーバルコニーが特徴的なお家です。限られた敷地を最大限活かすために、1階の道路に接する部分に駐車スペースを設けています。1階部分よりせり出した2階は駐車スペースの屋根となると同時に、道路から玄関を隠す役割も担っています。

2階リビングが大開口の窓を設置することで自然の光を確保。キッチンからダイニング、リビング、インナーバルコニーを一直線に繋ぐことで開放的な空間とするとともに、洗濯機から階段を上り下りすることなくバルコニーに出られる動線がとても便利と奥様に好評です。

お家の前面がすぐ道路ですが、インナーバルコニーを設けることで、2階のリビングへの視線を遮ることができ、ご家族のプライバシーを守ることにも役立っています。

建築事例.2 屋上にリゾートのようなアウトドアリビングを

建築事例.2 屋上にリゾートのようなアウトドアリビングを

ツーバイフォー工法で建築した東京都目黒区の3階建てのお家です。特徴はなんといっても外からの視線を遮る屋上のアウトドアリビング。天気のいい日は屋上のソファで一日中過ごすこともできます。ご家族ご友人が楽しく集まれるとても開放的な空間になりました。

ルーフバルコニーの他に、3階の居室から繋がるバルコニーも設置。こちらは洗濯物やお布団を干すスペースとしてご活用されています。日常的に利用するバルコニーと、ご家族が集まるバルコニーと用途を分けることで、家事にも優しく、リラックスするにも最適な場所を確保した間取りとなっています。

建物全体に目を向けると、外観の塗り壁や木製の窓枠や玄関、洗面室などナチュラルテイストでまとめられたデザインが優しさを演出しています。寝室のアクセントクロスや、洗面室のアクセントタイル、トイレの手洗い器など細部まで家づくりをお楽しみいただけました。