このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

家づくりコラム

Column

2022.08.09

おしゃれなカフェ風の注文住宅をつくるポイントと建築事例

おしゃれなカフェ風の注文住宅をつくるポイントと建築事例

好みのインテリアを取り入れることができる注文住宅。そのなかでも人気のテイストの一つが、カフェ風のインテリアです。自宅でカフェ気分を味わえる、居心地のよいリビングやキッチンをつくるには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

まず一つ目のポイントが、内装にこだわること。日本の住宅でよく見る「シンプルな白いビニールクロスに複合フローリングの床」という内装はどんな家具にも合わせやすいのですが、どこか味気ない雰囲気になることも。漆喰壁やアクセントクロス、タイル、無垢フローリングなどを使って色や質感をプラスすると、カフェのようなこなれた印象になります。

二つ目のポイントが、個室タイプのキッチンではなく、オープンな対面キッチンを取り入れること。カフェのカウンターに座ってコーヒーを飲みながらバリスタと会話をするように、自宅でも料理やお茶を楽しめます。見せる収納をつくり、エスプレッソマシーンやこだわりのカップ類などをディスプレイするのもおすすめです。

三つ目のポイントが、カフェ風の照明演出です。LDK全体をまんべんなく照らすのではなく、複数の灯りを組み合わせて陰影をつけると、ゆったりと落ち着ける雰囲気になります。キッチンのカウンター上部にペンダントライトを複数並べて吊るしたり、リビングのソファの近くにフロアランプを置いたりと、カフェをイメージした照明を組み合わせてみましょう。複数のライトを並べて設置するなら、天井にダクトレールを取り付けるのもおすすめ。ペンダントライトやスポットライトといっしょに、フックで観葉植物を吊るすこともできます。

この他にも、絵や置物を飾るスペースをつくったり、お茶を飲みながらくつろげるソファやテーブルを置いたりして、お気に入りのカフェのような空間をつくりましょう。またカフェ風と一口に言っても、ナチュラル・モダン・和モダン・北欧風などさまざまなカフェがあるので、自分の好みのスタイルを具体的にイメージしておくことも大切です。ここからは注文住宅でカフェ風のリビングやダイニングを実現させた建築事例をご紹介しますので、部屋づくりの参考にされてください。

建築事例.1 木の温もり感があるカフェ風リビング

建築事例.1 木の温もり感があるカフェ風リビング

まずご紹介するのは、横浜市中区のおしゃれなカフェ風リビングダイニングです。内装は温もり感のあるフローリングに白い壁。アクセントカラーは建具とキッチンのくすみグリーンです。木×アイアンのダイニングテーブルや、古材風のキャビネットなど、ナチュラル感とヴィンテージ感のバランスがよいカフェ風の家具もふんだんに取り入れています。

キッチンにあるアールの垂れ壁も印象的。建物はドアや壁など直線的な印象になりやすいですが、曲線のある壁をいれることで優しい印象がプラスされます。キッチンのワークトップにタイルを貼ったり、かわいらしい小窓をつくったりと、どこかヨーロッパのカフェのような雰囲気をもつ空間になりました。

建築事例.2 ナチュラルヴィンテージなカフェスタイル

建築事例.2 ナチュラルヴィンテージなカフェスタイル

次にご紹介するのは、神奈川県横浜市の注文住宅。都心のクールなカフェのようなインテリアになっています。ポイントはフローリングやテーブルなどのナチュラルな木材をベースに、アイアンなど冷たい質感をもつアイテムをミックスしたり、ダークカラーで引き締めたりしているところです。

調理台とカウンターがフラットなアイランド型キッチンは、調理中も家族との交流がしやすく、カフェのような雰囲気でおしゃれ。キッチン背面の壁面収納や、オープン吊り戸棚など、カフェ風の見せる収納もふんだんに取り入れています。キッチンの下がり天井に照明を仕込んで、天井に光を反射させるコーブ照明、カウンターに3つ並べて吊るしたペンダントライト、ダイニングの4連の電球など、照明演出にもこだわりました。